代表・笛木紀子について

代表 笛木紀子からのメッセージ

笛木 紀子(ふえき のりこ):株式会社レノアコーポレーション 代表、アトピーくらぶ・れのあ 所長アトピーの人達と本気で向き合い31年

アトピーとは、少し赤くて痒い病気だと認識されています。
それは軽いアトピーの状態を指します。たいていは病院で痒み止めの薬をもらい対処します。とても一般的なことですが、長期に渡り薬を乱用することはリスクを伴います。

私が31年接してきたアトピーの人達は、重症の人達です。
微熱を伴い、だるくて仕方なく、生理も止まり、結婚や出産をあきらめる人もいます。1分1秒も掻く手が止められず、気が付けば掻くことで一日が終わっていることもあります。
このような状況が長く続くと、自分の存在価値を見失い、鬱に入り、社会から孤立してしまいます。

家族も途方に暮れてなすすべもなく、転々と医療を渡り歩きますが、「アトピーは治らない病気だから一生うまく付き合っていくしかないよ」と、医師からは言われるだけです。

しかし、私たちはアトピーを体質から改善してきました。
家族や社会の理解が支えになり、根気よく改善への道のりを歩けばアトピーは怖がる病気ではありません。

誰もが自分の人生を自分らしく輝いて生きてほしい。
そのために、アトピーさんにずっと寄り添い、体質改善を決意してきた人たちが、目標の中を進んで行きやすい社会を創ることが私の使命です。

 

代表者プロフィール

1983年、エステティシャン時代に重度のアトピーの女性と出逢い、技術が至らず深い無力感を感じる。
その後、自身もアトピーを患った上、長男も乳児性アトピーを発症。ステロイド治療を施すも根本的な改善が見られず、以来アトピーをはじめとする皮膚トラブルは食生活全体と深い関係があると考え、食養家として研究を重ねる。
現在は、食養療法を中心に、改善のみられなかった重度のアトピー有症者を専門に取り組むと同時に、セミナーや執筆活動を通して社会的な予防策を呼びかけている。

アトピーの神様・笛木紀子のブログ ameba 笛木紀子 facebook

他企業様とコラボしました。2015年れのあの想いがギュッと詰まったスイーツが モスバーガーより誕生しました。

 

笛木紀子の著書・監修本

からだの中からきれいになって アトピーが消えた!

身体の内側からきれいになるために

自分の力で アトピーが消えた!

食事、骨と免疫の関係について

アトピーがぐんぐん消えた!

食事、電子と細胞について

アトピーを脱いで、本当の自分に出逢う

初の自叙伝

アトピーっ子の安心ごはん

子ども向け玄米菜食レシピ

セブ島「ルマーホテル」との提携

アトピーは頑張れば治る病気です。

でも一人で体質改善をするのは辛すぎる
海なしで体質改善するには期間がかかりすぎる
せっかく海に出かけても食事が乱れる

2013年
南の島でアトピーさんに寄り添い改善のお手伝いをする。
私はそんなプレゼンを東京ドームシティで語りました。


「アトピーを脱いで本当の自分に出逢う」ドリプラ2013感動大賞 笛木紀子

 

あれから4年。

その夢が今セブ島で実現しようとしています。

常夏の島・セブ島。

海と太陽は、傷ついたアトピーさんの皮膚も心も癒してくれる。

アトピーで困っている皆さんの手当て期間をぐんと短くする為に
セブ島に足を運んでおります。

 

美と健康がコンセプトのルマーホテルとの提携。

ルマーはバリ語で家族。

皮膚が傷ついている人
心が傷ついている人
自分を取り戻したい人
人生をやり直したい人

そんな日本人を優しく包んでくれる想いのあるルマーホテル。

日本人スタッフがたくさんいる。
日本語ガイドが各所に施されている。

れのあのシェフを長く務めてくれた山下
ルマーホテルで皆さんに優しい食事を作ります。
身体に優しいスイーツも作ります。

 

 

 

 

アトピー改善31年のれのあの経験と技術と知恵を伝える。

滋養になるレストランのメニューを一緒に考え
ホテルのスパ運営にも携わらせていただき、
ルマーホテルにしかないカウンセリングと
ルマーホテルらしい施術と
食と連携したサポートで人々を健康に導く。

 

 

私が願ってやまなかったこと。

今年形になります。

 

セブ島に住む皆さんに
食事を楽しみながら
健康な身体を作って頂きたい。

これからもっともっと進みます。

日本のアトピーさんも健康お宅さんも安心していらして下さい。

来年2018年になったらセブ島ツアーを作り、アトピーさんをお連れしますね。

(アトピーくらぶ れのあ代表・笛木紀子)