乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ

    良いことばかり書けない日々

    前向きな言葉、癒やし、励みになりたい、自分も書きながらついつい楽しくなる、
    ありのままの経験、自分なりにブログを書くときに、心構えてきたことがあります。

    それが、ここのところ体調崩し、日々、後ろ向き、励ますよりも励まされたい
    弱気になっている、人生を楽しむってなんだ?そもそも楽しんで良いの?

     

    今月初めからかなぁ、生理と共に寝込み、
    その数日後、39度近い高熱を出した

     

    耳の下が腫れるし、なんの熱なのか不安で近所の内科に行ったら、すぐ耳鼻科に行けと言う。

     

    耳鼻科に行ってインフルエンザの検査は陰性、
    扁桃腺とリンパ腺が炎症起こして発熱してるらしい事がわかった。
    3日~5日間、発熱したら治まることを聞いて、ホッとした。

     

    大丈夫、治る。

     

    そういえば、幼い頃、扁桃腺を腫らしてよく熱を出した
    小児科で処方されるシロップの風邪薬が大っ嫌いだった

     

    乳ガンを経験する前の私なら、処方された薬を飲んで、元の生活に戻るのだけど、
    今の私はそうするほうが不安なので薬は飲まない

     

    ホッとはしたけれど、こんな体にするまで、無茶したかな?それほど自覚がない
    生活スタイル、方向性、選択の仕方、間違った方向に進めていたかな?
    今、見直さないとまた繰り返すんじゃないだろうか?

     

    3日で熱は下がって、只今、心の中、生活習慣、見直し中です。

    冷えた身体に温熱が染みました

    半袖で過ごした日の翌日、羽毛布団を引っ張り出すような寒さで、
    気温差に驚いています

    昨年ほどではないけれど、色々重なって、不調、週末を寝て過ごしました。
    一日中パジャマでごろごろしていたのは久しぶり。
    元気になってからは、朝になれば目が覚めて、
    昼までなんて寝ていられなかったから、なんだかなぁ複雑な思いでした。

     

    そして、日曜日、れのあへ温熱など受けに行きました。

    温熱受けながら、お腹とか冷えていたことを実感しながら、
    寝込んだときの、なんだかなぁと言うモヤモヤも少しずつスッキリしていきました。

     

    「健康で動ける身体を知ってしまった」

    例えば、FBA測定結果が標準出せた時の、心地良さを知ったから
    ダルい身体、寝込むと決めた心は、健康な身体と心に負けた感じがして
    悔しかった。

    温熱の久しぶりに痛みを感じる熱さから、身体を温かくして過ごしてあげよう。
    自分の身体のこと、今までも、これからも、変わらずに大事にすること。
    たまに落ち込む、ぐるぐる考えすぎるけれど、健康オタクで乗り切っていこう

     

    元気に動ける身体、ありがたいことだから。

    ダルいまま、しんどいまま、動いている人たちもたくさんいる。
    それをしない私を許してーと、頭の中でぐるぐる考えて、
    ダメな自分丸出しにしときながら、寝込む自分を許せていなかった。

     

    明日から、またやり直し1日、1日、新しいはじまりだから、頑張っていこう。

    アトピーでなかったら、何になっていたかったかな

    セミナーへ参加したとき、このような質問がありました。

    もしアトピーでなかったら何になっていたかったですか?

    アトピーでなかったら、なりたかったことは、
    なんだろ、何だろう、何だったのだろう。

    セミナーへ参加していたみなさんが、次々とお答えになる中、
    わたしは答えを出せなかった。

    その後も、しばらく考えていた。

    家に帰ってからも考えた、答えが、わからないことを夫にも話してみた。

     

    アトピーだから○○できない、のように我慢したことがなかったのかもしれない…とも考えた。本当かなぁ?

    わたしはアトピーの痒みを薬で抑えていた
    アトピーの他、頭痛、生理痛は痛み止めを飲んでいた
    車に乗るときは、必ず酔い止め薬を飲んだ
    下痢をすれば下痢止め、便秘の時は、生野菜と乳製品をたくさん食べた
    鼻炎の時は、鼻炎薬を飲んで、鼻水を止めた

    20代は特に、毎日、何かしらの薬を飲み続けて生活をしていた。
    当時は、何か薬を飲まなければ、働くことが出来なかった

    そして、30代のはじめ、胸にしこりを見つけた。
    それは、乳ガンだった

    ふと思う、アトピーでなかったら、乳ガンもなかったかもしれない
    アトピーで我慢したことがなかったから、
    もっと大変なガンまで経験してしまったのかもしれない。

    アトピーであることで行動の制限や我慢をしていたら、
    そして、ステロイドを使わないで改善する道を選んでいたら、
    身体の痛みがあったり不調の時、薬を飲まないで体を休めること、
    働くことや遊ぶことなど行動を我慢したり、調整することに気が付いていたら、
    たくさんの「タラレバ」が、出来ていたら、乳ガンにまで、ならなかったのだろうか。
    それって、こわーい。

     

    20代は、働き過ぎ、遊び過ぎ、薬の飲み過ぎ、睡眠時間は短か過ぎだった、
    そして、人に頼り、医療に頼り過ぎた

    れのあに通い、アトピーが再び出現したとき、世間の目をはじめて知りました。
    温かい目ではなくて、悲しかった。

    だから、一生懸命、れのあに通ったのだと思います。
    れのあでは、身体も心までも守り、改善の道へ強く導いてもらった。

     

    つらつらと、わたしは何が言いたいのか、
    アトピーである間の我慢は、自分を守るための我慢なのかもしれない、
    我慢してこなった私は、我慢も悪いことばかりじゃないと思うのです

    れのあに通いながら、身体も心も人としての成長をさせていただきました。

     

    アトピーでなかったら、お嫁に行っていたと答えたかもしれない、
    今年めでたくお嫁さんになることが出来ました。

    アトピーでなかったら、お母さんになっていたかなぁ。

    腕のガングリオンらしいもの、その後

    夏のおわり、手首にポコッとしこりができた。
    数日後、ポコッとしたのは引っ込んだけど、
    皮膚を触るとコリコリした根っこが少し残っていた。

    9月のおわり頃、膨らみが手首に再び出てきた。
    ちょうど手首の関節部分、手を動かしたり、力を入れたときに、
    膨らみが引っかかって、ピリッと痛かった。

    何かまた出てきたよ、夫に見せた。

    2、3日後、膨らみがきれいになくなったから驚いて、家で大騒ぎした。
    昨日は膨らんでいたのに、今はないよ!
    うんちと一緒に、出たみたい!

     

    水素風呂に入って、ガンが消滅した事例があると聞いたときは、
    へー、そういう事があるんですねぇ。と、他人事だったけれど、
    手首のガングリオンらしいものが、デトックスされ、
    そういうことも本当にあるのだと実感しました。

    膨らみが消えた前日は、スゴく快腸で便の回数が普段よりも多かった。
    わたしは、水素風呂で巡りが良くなって、
    うんちと一緒にデトックスされたと本気で思っている。

    水素風呂に入って1ヶ月過ぎた頃から、
    身体の変化が出てきたように感じています。

     

    めきあは正しく使おう!

    週末にアトピー改善の実践セミナーへ参加しました。

    今、顔が荒れていて、赤みのある顔で参加しました。
    実践セミナーの後半、めきあ体験をしたとき、自分の普段の使い方との違いに気がつきました。

    おでこやあごまわり、大きな皮むけがあって、めきあの泡でゴシゴシこすって、
    皮むけをついついはがしていた…はい、これダメな使い方です

    めきあの残量が、ボトルの1/3量になった辺りから、ケチケチ使っていた…
    少ない泡では皮膚を傷つけます、これも絶対ダメな使い方です。

     

    セミナー後半、参加者みんな、笛木さんに肌を触っていただいて、めきあ体験をしました。
    どの人も、顔の赤みやくすみが薄くなって、顔の皮膚が明るくなっていました。

    めきあで、肌をこすらない!

    何度となく参加したセミナーなどで、いつも聞いていたはずの言葉なのですが、
    使い方が自己流になっていました。

    その晩から、めきあの泡をホワホワに顔へのせて、
    泡が消えないように、皮膚をこすらないように、やさしく、やさしく洗顔。

     

    ちょっと話しは変わって、
    この頃、夫とゴルフの打ちっ放し練習へ行くのですが、
    私は初心者でボールが飛ばないことを、クラブのせいにしていたら、
    その飛ばないクラブで、夫は、ポーンと高く遠くへボールを飛ばしてくれた…
    あぁ、道具のせいじゃないのね、と気がつかせてくれた。

    めきあもゴルフクラブも、正しく使うと、効果、成果をしっかり出してくれる。

    お手入れ方法を見直す、とても大切な機会となりました。