朝、頭が痛ーい、からだも熱いなぁ。
今日はこのまま寝よう!と、腹をくくり仕事を休みました。
しばらく寝て、ようやく起きるとちょっと熱がありました。

でも、寒気がするわけでもなく、
身体の内側がふつふつと燃えている感じ、
だるくてあつーい!
食欲もなかったので、無理に食べず内臓を休ませるいい機会になりました。
汗をかいて目が覚めるとからだがすっきりして、食欲もある。

夕飯、冷蔵庫にあった玄米のおにぎりを
梅干し、大葉、ごま入れておじやにして食べました。
温かい梅干しの強すぎない酸っぱさ、からだは
少しの刺激とやさしさを感じました。

熱を出すこと、汗をかくこと、こういう繰り返しで
強いからだへつくり治しているのかな
ぁと感じています。

だいたい、週一度の海水温熱を続けて半年たちました。
この夏は、今まででいちばん汗っかきになっています。
熱を出せるのも、海水温熱を受けてるおかげです。

わたしは、人生を駆け抜けるパワーはまだ不足しているけれど、
ゆっくりしっかり生き抜いていこうと、この頃、思っています。