若くガンを患った経験のある友人が、
初めてれのあを訪れた時の感想
が予想外なものでした。

友人 “なんかさぁ、玄関入ってすぐに頭がポーッとしてなんか変だったんだよねー”

れのあの店内は自然素材に囲まれていて、過ごしやすく、
とっても気持ち良い空間なのに…。
そうなんだぁ、そういう感じ方があるんだなぁ…。
と、あんまり腑に落ちなかったのです。

いやしかし…そういえば、
2011年、自分がれのあに通いはじめた頃、
自分こそ、ポヤーッとしてた!

すっかり忘れていたことを思い出して腑に落ちました^^;

れのあで技術を受けた帰り道、
車を運転して高速道路へ入ると、
何度も何度も静岡とは逆方向へ間違えて走っていくようなポヤーッとぶりでした。
(逆走ではないですよー行き先間違いです!)
 

れのあに通いながら、だんだんとその空間、環境を心地良く感じるようになってくると、
当時働いていた病院の空間は、息苦しく…生き苦しい…
を感じるようになりました。

その後、病院は退職したけれど、そのことに後悔は全くなく、
今、山を眺めながらの通勤、だんごむしが歩いている職場、菜の花畑、
ひまわり畑、桜や紫陽花、銀杏並木、季節ごとに変化する風景に
癒やしを感じています。
そして何より、たくさんのお年寄りと出会って、
命について考え学び、自分の生きる道を開拓
しています。
 

心地良く暮らす環境を選ぶことは、時に大きな決断をすることになります。
でも、そこのところはこれからも大切にしていこうと改めて思いました!