今月の初め頃、海水温熱で代謝が上がり、足の裏の角質がむけました。
「かかとの部分もっとむけないかな~」
などと話しながら母に足の裏を見せていました。
すると母が、
「そういえばかかと割れなくなった~」

と言いました。
話を聞いてみると、
数年前まで冬は、かかとがガサガサして割れていたそうです。
そういえばかかとが割れて痛いと、頻繁に言っていました。

その時はなぜそうなるのかわからず、
年をとるとあちこち痛くなって大変そうだな~。
くらいにしか思っていませんでした(+_+)

私のアトピー改善のためにれのあ式を始め、
母と二人で食事は玄米菜食になりました。
その年からです。
かかとのガサガサはよくなり、割れなくなったそうです!

今ならなぜ割れていたか分かります。
それは・・・・小麦粉!!
母はパン好き。
パン屋さんに勤めていて、毎日パンを買って食べていました。
なので、玄米菜食を始めてパンを食べなくなったので、
かかとは良くなりました。

母にこのことを伝えると、
「あぁ~小麦粉ものいっぱい食べてた~いつも便秘だった。」
と納得した様子
でした。

麺、パンなど小麦粉ものは美味しいけど、食べ過ぎは良く無いね。
たまに、体調崩さない程度になら食べていいかもしれないね。

という結論になりました。
身体のサインを見逃さないで、体調管理は大切にしたいです。