れのあ式で体質改善を始めた時、玄米菜食になかなか慣れませんでした。
腹7分目ということ、お肉、卵、乳製品、小麦粉もの、甘い物・・・食べれない事。

そして、良く噛んで食べるという事。

特に良く噛むというのは苦手でした。
玄米を良く噛んで食べようとすると顎が疲れる。
いかにちゃんと噛んで食べれていなかったのかわかりました。
さらに、しっかり噛めないので、お味噌汁などの汁物やお茶で
流し込んでいたということにも気づきました。

う~ん・・・お腹ちゃぷちゃぷ。

そういえば、小さい頃は食事よりも水分を摂っている方が好きでした。
喉が渇いていなくても何か飲んでいました。

そして頻繁にくしゃみをしていました。
鼻がむずむずしてくしゃみ連発が普通の日常でした。
周りにこんなにくしゃみをしている人はいないのに、
なぜ私はこんなにくしゃみが出るんだろう?ずっと不思議でした。

れのあ式を始めて、くしゃみの正体がわかりました。
それは水分を飛ばしていたんです!

そのことを知らなかったので、そのまま水分を摂り続けていました。

れのあ式を始めてから、くしゃみは減りました。
水分の溜まった身体は体温が下がっていくので、
アトピーも改善していかないことがわかりました。

いまはくしゃみ、鼻水が出たら水分の摂り過ぎなんだと知っているので、
身体の声を聞いて、これ以上飲まないようにし、歩いて、代謝を上げて
排泄できるようにしています。

身体はお利口さん。しっかりとサインをだしてくれます。
それに気付いてあげるのは自分。
身体の声を聞いていつも健康でいたいです(^^♪