恋々パパが勝手に師と仰いでいる自然農法福岡正信さん。

自然農法は、不耕起(耕さない)、無肥料、無農薬、無除草を特徴としています。

また、福岡さんが編み出した粘土団子は有名で、
いろんな種類の種を次の季節の作物に混ぜて団子を作ります。

これを、自然環境に撒いて放置すると
自然の状態を種が察して、より適応しやすい時期に発芽する。

160325_renrenpapa2

従来の栽培法よりも、ずっと少ない土を使うので、
結果として作物の数は少なくなるが、大きく強い作物になります。

恋々農園でも、時々、粘土団子を作成しては、畑に撒いています。

 

先日、花木センターという園芸店を訪れたところ、
なんとその粘土団子講座がおこなわれているではありませんか!

DSC_0478

目を疑う光景でした。(3度見したくらい)

園芸店のおばさんが、種団子という名前で紹介・実演していて、
参加者も熱心にされており、用意した席もすぐいっぱいになっていました。

種団子には、シソ、エゴマ、レタス、バジルなどを混ぜてました。

その光景を見ていて、うれしくなって、なんか胸が熱くなりました。

少し形を変えても、福岡さんの自然に対する気持ちが受け継がれている。

「なにもしないのが最高の農法になる」福岡さんの名言ですが、
その精神に近づき、広められる一助となりたいと強く思いました。