れのあ30周年おめでとうございます!!

わたしは、2011年、町田のれのあに通いはじめたとき、
実家の静岡県から車を運転して治療をうけていました。

帰り道は、どうしても眠気に負けてしまって、
何度もサービスエリアで日の出を見ました。
そのうち、車で寝ること承知で寝袋や毛布を積み込み、
快適に寝れる環境を作りあげていました。

現在は、関東圏へ引っ越して、車のない生活をしています。

 

れのあに通う前、我慢の食事療法をしていました。

食は大切ですし、食が好きです。
でも食だけでは解決できない身体の変化があって、
還元電子、酸素カプセル、海水温熱などなど、れのあの技術を受けて元気になっています。
食は楽しむ食へ変わりました。

わたしのれのあ歴は、30年のれのあの歴史のほんの一部分ですが、
今へ繋がる、最も変化を経験した大切な日々でした。

食や技術治療は、身体つくりに必要なことです。
そして、変化していく身体を感じながら、生きる意欲や自信を、
当たりまえに心に秘めて生活する気持ちが大切と思います。

温かい身体
温かい心
温かいまなざし
温かい言葉を心がけて生活していきます。

 

コメント

  1. fueki より:

    朋ちゃん、ありがとう!

    朋ちゃん、かっこいい!!

コメントは停止中です。