先日、外食をしていたら、
お店の中で帽子をかぶって食事をしているお客さんがいました。
気になってみると、首から顔にアトピーのある女の子でした。

わたしは過去に抗がん剤治療を受けて脱毛した経験があります。
少しずつ髪の毛が生えてきて、ベリーショートの髪型になっても、
恥ずかしさからいつも深ーく帽子をかぶっていました。

多くの人は、帽子のことには触れず何も言いませんでした。
あるとき出会った年上の女性から、

“今すぐ帽子を脱ぎなさい。
 その瞬間からあなたは生まれ変わるのよ。
 もう、隠さなくていいの。弱いふりはやめなさい。”

と、言っていただいて、やっと帽子を手放せたことがありました。

きっかけは女性からの言葉だけども、エイッと脱ぎすてる決意をしたのは自分。
あの頃、過去の自分への執着心、どうしようもない不安な気持ちを
帽子で隠していたように思います。
本当の自分は、こんなんじゃないという強い思いがありました。

そして、本当のわたしは、とても気が強くて頑固だーと自覚するようになりました。
だから、優しい気持ちや態度を忘れてはいけない
とても意識しています。

病と向きあったり、治すことは、
本当の自分を生きる勇気をもって行動することかもしれません。