やっぱり本が好き

ふと考えました。
乳がんを患ったとき、知りたかったことって、なんだろう?

確かな情報?
治療法?
希望?

本屋さんや図書館へ行って、芸能人からそうじゃない人まで、
闘病記やガンを理解するための本をたくさん読みました。

闘病記を読んだときは、本人が今も健在なのか、
再発をしていないかが正直なところ気になりました。

以前は不安な気持ちでがんに関わる本を手にしていましたが、
今は興味があったり、参考にしようと思って本を読みます。

闘病記プラスこんなことをして、がんを克服しましたという
体験記の本が増えてきたように感じます。

数年前、がん患者の勉強会で会ったことがあるサバイバーの方が、
体験記を出版されて、本当に生き方を変えて元気にされている様子に
嬉しくなりました。

はじめは本の中の言葉や経験に励まされました、
自分も実際に体験して共感、実際に会って感動する。
感動する経験は、がんに関わる事だけじゃなく、続けていきたいです。