乳がんを患って闘病生活をおえたときに、
2010年、12月のガンサバイバーチームでホノルルマラソンへ
参加すること
を目標にして、病院給食の仕事へ職場復帰、
ホノルルへ向けた、体力作りと資金作りを意識した生活をしました。

ホノルルから帰ってきたら、変化した自分がいて、
病院給食の仕事に、わたしはやりがいをみつけられなくなっていました。
やりたいことに挑戦していこうと、その年の夏に退職しました。

2度目の乳がんを患ったとき、高齢者施設で働いていました。
術後の職場復帰と、ひとり暮らしを継続することに
不安や少しだけ迷い
がありました。
そんなときに、アトピードリプラが開催されました。

アトピードリプラにプレゼンターとして参加することで
なにか自分が変われるかもしれない期待と、働いて生活費を稼ぐ現実的な目的、
離れていた間も元気にしているかなと、お年寄りのことが気になって、
職場復帰をすぐに決めました。

前と違ったのは、アトピードリプラがおわってから、
ホノルルマラソンの後のような退職したい気持ちにならなかったことです。

私は、高齢者施設で働く目的とやりがいを見つけていました。
お年寄りの命のおわりまで、優しい眼差し、心、言葉で寄り添っていきたい。
食べたいものを食べられる場所をつくりあげていきたい。

目的がある人は変わります。

だんだん元気がなくなっていく人たち(お年寄り)よりも、
子どもたちのいる職場の方がエネルギーがあっていいんじゃないのかなと、
わたしのことを気づかいアドバイスをいただくことが度々ありました。

その都度、笑顔で答えをはぐらかしていました。
その時は自分の健康や体調に自信がなくて、
私はお年寄りに寄り添いたいです。
と、はっきり答えなかったことに気が付きました。

これから、勉強しながら学びと経験を重ねていって、
お年寄り本人や家族の力になれる人間に成長していきたいと思っています。

だから、今日も元気に働きます!!