敬老の日

9月は、敬老の日があります。
職場の高齢者施設では、年間行事の中でも大切なイベントです。

一足お先に、区長さんが100歳のおばぁさんをお祝いに
いらしてくださいました。

区長さんが大きな表彰状を、「・・・内閣総理大臣、安倍晋三」と読みおえると、

「総理大臣…安倍晋三さん!…ひえぇ~」
と、おばぁさんは目をまん丸くして、後ろに倒れそうな勢いで驚いていました。

小さな身体の上半身が隠れちゃうくらい大きな花束を家族からもらって、
とっても、素敵な表情をしていました。

感激しすぎて、おばぁさんが途中から泣いちゃうものだから、
スタッフもうるうるっときちゃって、
とても心が温まるお祝いのひとときでした。

おばぁさんの元気の秘訣は、よく食べること、とてもよく噛んで食べます。

超高齢のお年寄りに共通しているのは、
自分でやれることはやるから手を出さないで、
お願いしたいときは自分で言いますから見ていてね
という心意気を感じます。

それから、今まで会った、たくさんのお年寄りの既往歴に、
糖尿病、高血圧、脳梗塞、何かしらの癌などの病名はよくあるけれど、
アトピーやアレルギーはひとりもいませんでした。
幼稚園や保育園では、当たり前にある除去食をひとつもやっていません。

アトピーやアレルギーは、現代の病気であることを実感しています。