いじめられっ子

前回、書きました“いじめ”の所をもう少し掘り下げて書きたくなりました。

大人になってから、いじめを経験しました。

職場のリーダーが、わたしの腕に出ていたアトピーを指さして、
「汚い、それ、どうにかならないの!」

翌日、長袖を着ていくと、
「袖をまくって仕事して!」と言われる。

アトピーの腕を見ながら、大きなため息をつかれる。

アトピーで痒くて痛くて、我慢しながら、働いている。
辛いのはわたしの方だよと、反発心が顔に出て、
挙げ句の果てにスタッフルームで正座して、説教ということがありました。

でも、アトピーの馬鹿野郎~とは思えなかった。
だって、やっと、身体の中から出てこれたのだもの。
それに、絶対治るって確信していたから。

 

れのあ式を続けて、身体の中からきれいになる、強くなる、
その時にアトピーは出なくなると信じていた。

だから、もう少し待ってよ~今はアトピーを排出中!
そんなに怒らないで~と、心の中で言っていた。顔に出ていたかもしれない…。

 

リーダーは少し変わった体質で、
職場で1人いじめる相手を必ずつくることが仕事のひとつだった。
だから、辞めていったいじめられっ子の代わりに入社した私のアトピーは、
その対象にちょうど良かった。

半年踏ん張ったけれど、
毎日毎日、怒られながら働くのは、気が狂いそうで辞めた。

ここで、辛抱強さを発揮することはない、
わたしはいじめられっ子ではないはずだもの。

もしも、アトピーが出ていなくて、
乳がんを経験しましたとはじめに伝えていたら、
同じようにいじめたかな?
うーん??わからないですね。
リーダーは、どんな状況でも同じような対応をしたかもしれない。

 

新しい職場へ転職して、今の高齢者施設で働きはじめてから、
辞めた職場の上司に道でばったり会いました。

「アトピー治ったのね。良かったわ。」
きれいになった腕を見て、ホッとしたことを伝えていただき、
わたしは、高齢者施設で管理栄養士の仕事をしていることを、話しました。
そんな自分を誇らしく感じました。

耐えることや、耐える場所を間違えてはいけないと学んだ出来事でした。