数年前、雪の降らない町から、雪の降る町へ引っ越してきました。
雪が降ると言っても、1年に数回なんだけれど、
全く降らない町から来たわたしにとっては、大きな変化でした。

はじめての雪道は、どんな靴を履いて歩いていいのかさえわからなかった。
雪の降った日の仕事帰り、慌てて近所のイオンへ寄ったら、
長靴がほとんど売り切れていて、やっと見つけたピッタリな一足を
いつの間にか履き潰すまで歩いていたこと、懐かしい思い出です。

今年も、冬の過ごし方を考える季節になってきました。

年々、毛糸の靴下や帽子、腹巻き、レッグウォーマー、
温かいスパッツなど買い足して、防寒グッズが揃っています。

さらに今年、取り入れたもの、
“ねこ”と呼ばれる防寒着、毛糸で出来た背中用のチョッキです。
いつも左の上半身に痛みが出る箇所があって、早速、着用していたら、
少し出ていた痛みが和らいで感じました。

温熱中、背中は熱がったり、痛かったり、なかなか癒えない場所でもあって、
いつも気掛かりなのです。

寒くなっても、それなりに温かい身体で元気に過ごしていきたいものです。