明肌逢!

週に1度か2週に1度、町田のれのあへ通っています。
ホームページやメルマガでお知らせをもらっていた、
不具合のあったポンプの明肌逢をお店で交換していただきました。

お風呂に入って、プシュプシュして、手のひらへ出した泡を顔に乗っけたら、
ホワッホワッで、気持ちよかった。
明肌逢の泡、本当に気持ちよくて、お肌つるつるになります。

ものに頼りすぎては、いけないけれど、いいものとの出逢いは大切にしたいです。
れのあの基礎化粧品を使いはじめてから、基礎化粧品を探す放浪がおわりました。

10代後半から、がっさがさに乾燥した顔の皮膚が皮むけして、
赤みの強い腫れぼったい顔をしていました。
無添加化粧品、敏感肌用の基礎化粧品を片っ端から取っ替え引っ替えに使って、
肌トラブルに悩む時代がありました。
トラブル肌をお化粧で隠そうとして、奮闘した時代もありました。

幸いなのか、その当時働いていた給食のお仕事は、帽子で額まで隠して、
マスク着用が義務でしたから、外に見えるのは目元だけでした。
赤みのある顔は隠せていたので、人の目を気にしないで、働いていました。
そして、肌のコンディションと真剣に向き合っていなかった。

今は、肌のコンディションが良いと身体のコンディションも良いことが、
実体験できて、凄くよくわかる!

お肌は、身体の鏡ですね。

これからも、自分のお肌、身体とまじめに付き合っていこうと思います。