先日、駅近くで用事を済ませた帰り道、
いつもと違う曲がり角を歩いて行くと、懐かしいお店を見つけました。
20年近く前、紅茶のおたくだった頃
静岡から電車に乗って、わざわざ足を運んだ紅茶専門店でした。

懐かしさを感じながらお店に入って注文した紅茶を待っていると、
大好きなことにただただ夢中になった日々を思い出しました。

紅茶の銘柄を飲み比べて、味や香りを覚えていく楽しさ。
その紅茶にまつわるお話し、産地や歴史など、
知るほどに楽しくてのめり込んでいきました。

お店で紅茶を飲みながら、
「あれ?なんで紅茶好きをやめたの?」
少し考えて思い出しました。

数年前、癌とアトピーの体質改善のため、食事を見直していたとき、
それまで食べていた、クリームたっぷりのスイーツ、白砂糖たっぷりのケーキ、
小麦粉を使った焼き菓子…紅茶のお供と牛乳を入れたミルクティー
断ち切るためでした。

病気になって、気を付けたことでしたが、こういうものを食べない方が、
わたしの身体は調子が良くて、日常生活がうまくいきます。

紅茶を飲みながら、自分自身の変化と懐かしさに浸った時間でした。