花粉症

テレビCMをみて、花粉症の季節がきたことを知った。
職場の職員さんは、薬を飲んで、日中眠くて仕事になんないよと嘆いている。

わたしはと言うと、
子どもの時は、アレルギー性鼻炎、大人になってからもそれは続いて、
春になると、月に1度は耳鼻科へ行って薬を処方してもらっていた。
薬をのんで、鼻炎を止めて、楽になりたいと思っていた。
鼻水が出なければそれで良いと思っていた。

ガン治療を経験した療養中、薬に頼らない生き方を知った。
鼻炎薬は飲まなくちゃいけないものではなかった、飲まなくなってから困ることもないです。
れのあ式に取りかかってからは、生活習慣病は、薬で症状を抑えたところで、
根本的解決にならないことが腑に落ちた。

花粉症として、鼻水が流れ落ちるのは、春だからだね~とか、
花粉のせいよね~と言う解釈と別の原因が身体の中にある。

それは、水!水はけだ!

わたしの花粉症は、足裏に出ていると思っている。
水気があって、浮腫み、ガサガサとひどく荒れた足裏です。

春になるとき、鼻水は出なくても、足裏は過ごしてきた1年の結果発表に感じます。
次の春こそは、つるつる、スベスベの足裏になるのだ。
それは、健康である証よね。

 

コメント

  1. fueki より:

    朋ちゃん、マニアックな会話ですが、その通りです♡
    頑張ってつるつる足裏目指しましょう!!

コメントは停止中です。