職場の高齢者施設では、畑のチューリップが見頃です

暖かくてやわらかい風が吹いていた日、お年寄りを誘って、畑へ出ました

普段は、「わたしはいいです」と言って、
消極的な感じ、おしゃべりも少なく腰が重い、
でもお花が好きなおばぁさんをやっと誘って外へ出ました

畑が見えてくると、すたすた、ずんずん先頭を歩いて行きました

チューリップを見つけて
「ありゃあ、きれいだねぇ」と、にっこにこ

それからも畑の中を、
「これは何の木やね?栗かぁ この花はなんだろうね、イチゴの花やろ」
おしゃべりしながら歩いていた

職場のまわりは、小さな竹林があって風の強い日、カタカタと竹のぶつかる音がする
遠くには大山が見える
職場の建物の外へ出ると、自然を感じられるのどかな環境です

食堂に座っているとき、
テレビを見ながらいつも無表情だったおばぁさんが、
お花をみながら笑顔でお話ししてくれて、こちらが癒やされた

 

施術へ通っているれのあ町田店、公園に隣接していて、
桜が咲いたなぁとワクワクしたり、花が散ってはかなさを感じたり、
通う行き帰りに四季を感じられます

自然、笑顔、コミュニケーションは、癒やしの力があるんだよなぁ

食事療法、体質改善、家で黙々とやらざるを得ないとき、やる必要があるときはあった
その途中は、やっぱり自然、笑顔、コミュニケーションに支えられてきた

自然、笑顔、コミュニケーション、これからもずっと大切にしていきたい