クーラーの効いた通勤電車やバスに乗ったとき、
はじめは涼しくて気持ちいいと感じたのですが、
乗り物を下りたとき、半袖から出ている腕がつめたーく冷えていました。

通勤のため、外を歩いて汗をかいて、電車に乗って身体が冷えて、
また歩いて汗をかいて、バスに乗ってまた冷えて…
まるで、毎日、温冷浴をしているようだ。

 

温冷浴は、温かい湯船と冷たい湯船に交互に入って、
自律神経を刺激しながら健康を目指すものと聞いて、

自宅では冷たいシャワーを浴びながら手軽に出来るので、
病後の回復に温冷浴をしたことがあった。

回復のためにするのだから、そんなものなのだろうけど、
やってみると、疲れやすくて、しんどいものでした。

温泉行って、サウナに入って、水風呂に入って、
あぁ気持ちいいと言っている人たちは、
さぞかし健康なんだろうと思った。

 

今は、温冷浴のような環境にあっても、へこたれない強さがある。

冷えた身体は、腕を振って歩いていたら、そのうちに温かくなる。

ストールや羽織るものを持ち歩いたり、温かい湯船にしっかり入ったり、
冷えない努力もしている。

強いからだと強い気持ちで、今年の夏を楽しみたいです。