おわれば安心、定期検診

定期的に血液検査をしている病院で、
年に1度受けている、乳腺のエコー検査に行ってきました。

 

検査に行く予定の7月になってから、
「今月、検査に行くよー」
「来週、検査に行くよ-」
「明後日、検査に行くよ!」

検査に行く前のドキドキする気持ちを、夫へぶつぶつ伝えていたら、

「検査に行くのが、嫌だなと思うのは、なにか悪いことを言われるとか、
良い結果じゃないと思っているからなんだろうなぁ」

と言われて、ドキリとした。

 

何もないことを確認するための検査だし、何もないと思っている。
しかしながら、もしガンありましたよなんて言われたら、
その後わたしは、どうしたいのか、どうするのか考えて怖がって嫌になっていた。

嫌なら行かなきゃ良いのに、検査を受ける、受けない、いつまで受けるのか、
人それぞれの考え方はあって、自分はどうするのか悩むときもありました。

もしも、アトピーが皮膚に出たとしても、わたしは病院に行く選択をしません。

 

乳腺のガンを手術で取り除いてから、3度目のエコー検査の結果は、
昨年と変わりなく良好、先生と握手をして帰ってきました。

おわれば、安心します。
変わらない日々の暮らしに感謝の気持ちが湧いてきます。
家族へ、安心した気持ちをメールや電話で伝えました。

数年後、検査を受け続けているのかどうかは、今はわかりません。

 

わかっていることは、元気に生きていくこと。
病気を予防する努力を続けていくこと。

自分を大切にした生活、自分らしい選択をして、
健康維持と病気の予防に繋げていきます。