先週は、れのあのセミナーへ参加しました。

盛り沢山な貴重なお話しの中、
「1つはじめたら、1つ止めなくてもいい」
と言う言葉が印象に残りました。

今ある習慣へ、新しく取り入れたい習慣を付け加えて、
また、習慣にしてしまえば良い。

私は、良いものは取り入れて、不調から脱したいと常々思っています。

そんな私の様子を見て、心配する声もありました。

それ、いつまでやるの?
また、何かはじめたね、今のを止めてからにしたら?
まだ、やるの?
今度は何をはじめたの!
もう、いい加減にしたら!

とかね。

最近はこういう言葉を言われなくなったし、言われたとしても、
大丈夫な自分になったと思っています。

 

話は変わりますが、職場の男性スタッフが、育児休暇を取得しました。
もうすっかり育児を終えた年代の職員の時代に、なかった制度です。

男が育児休暇って、本当に必要なの?
はじめての男性スタッフの育児休暇の申し出に、上長は戸惑っていました。

色々な考え方があるけれど、今の時代、今のやり方へチェンジしていくこと、
良いものだなぁと私は思います。

 

療養生活真っ最中の頃に比べたら、
新しくサプリメント、手当法や道具を生活に取り入れていくスピードは緩やかになって、
自分のアンテナの感度も弱くなりました。

それだけ、元気になったなぁとしみじみと感じます。

それでも、健康維持に繋がることは気になります。
今は、ゆびのばソックスを、離れて暮らす家族へも紹介したくてウズウズしています。

健康であることがどれだけありがたく大切なことか、
家族も私も、よーく知ったから、こういう話題が大好きです。