100歳を超えて元気に生きる

昨年、100歳のお祝い

区長さんが、内閣総理大臣の名が記された

大きな表彰状をもって訪問してくださった。

家族とスタッフも大集合して、お祝いの会を見守った。

あの笑顔がとってもチャーミングな、お元気だったお年寄りが、

今は看取りの時を迎えている。

 

昨年の表彰式での、内閣総理大臣の名前を聞いたときの

驚いた表情、写真を撮るとき、

大きな表彰状の後ろに

小さな身体が隠れてしまったり、

本当に嬉しそうな笑顔がとても懐かしい。

 

今、命におわりがあることを、教えてくれている。

だから、今、やりたいことは、今やる。
してあげたいことを、後回しにしない。

伝えたいことは、その時に伝える。

こちらで働いて、そういうことを学んでいる。

 

お年寄りや認知症の方は、今この瞬間を生きている。

それは、私たちも同じです。

今この瞬間をしっかりと生きていこうと、今また気づかされている。

 

しっかり生きたいから、しっかり働きたいから、お年寄りに寄り添いたいから、

健康管理、自己管理、そういうことにも一生懸命です。

 

いっしょに居たい人たちが居る、必要とされる場所がある。

乳がんもアトピーも、もう繰り返したくないのです。

こんな風に思えるようになって、本当に良かった。