家族の愛情を感じた

働いている老人ホームに、父親と同じ年齢の方が入所している。

若年性認知症と言われている。

ボロボロこぼしてご飯を食べている姿に父親を重ねて、
「しっかりしてねー」と、感情が出てくる。

時々、ご飯の食べ方がわからなくなる。
スタッフへ食べさせてーと、ジェスチャーをする。

おはようと声をかける、すこしの間を待って、おはようと言葉がかえってくる。

同じテーブルの、90代のお年寄りに、
「しっかりしなさいよ、あなたは若いのよ」
と、世話を焼かれながら生活をしている。

 

わたしの父と同じ年なので、同じ年頃の息子達がいる。

夏休みのお孫さんを連れて、息子さん家族が会いに来た。

こちらが泣けちゃうくらいに、表情が違う、よほど嬉しかったのかな、
時々、顔をくしゃくしゃにして笑ったり、泣いたりしていた。

車いすに座った、時々よだれが流れちゃう“じいじ”の顔を見上げながら、
お孫さん達は笑顔でお話しをしていた。

帰り際、バイバイと“じいじ”の体をぽんぽんと触っていた。

“じいじ”は、とっても優しい顔になっていた。

 

翌日から、“じいじ”は、シャキッとしている。
昨日居なかったスタッフが、今日は様子が違う事に気がつく程に、変化していた。

息子さん家族からの
“また来るね”の言葉

お孫さん達に会えたこと

“じいじ”は、家族の愛情を感じて、表現することができた
わたしは、それが嬉しかった。

 

お年寄りのところへ家族が会いに来ているとき、わたしも嬉しくなる。

アトピーがひどかったとき、ガンを患ったとき、
元気になった今も、家族は優しく温かい。

元気になった今のほうが、家族の存在に感謝する意識がある。
病気をした経験にさえ、感情の気持ちが湧いてくる。

何も経験しなかったら、何もわからないままだった。

夏休みはおわるけれど、わたしもまた家族に会いに行きたくなった。

 

コメント

  1. fueki より:

    朋ちゃん、私も施設に入っている父に会いに行ったばかりだけど、また行きたくなったよ♥

コメントは停止中です。