9月は敬老会でした

敬老の日、働いている老人ホームで、長寿のお祝いの会がありました。

傘寿80歳
米寿88歳
卒寿90歳
節目の年齢を迎えたお年寄りへ、職員から感謝状を贈る表彰式がありました。

100歳を超えたお年寄りへは、毎年、感謝状を贈っています。
最高齢の104歳になられたお婆さんからは、
ここ最近、毎年お祝いの言葉を皆さんへ話していただいていて、
元気な声を聞くことが、恒例行事になっています。

「耳が遠いからね、わからないのよ」と、前置きがあってから
表彰状を頭の上へ掲げて「ありがとう、ありがとう」と、おっしゃいます。
職員から、長生きの秘訣は?と質問されると
「長生きするにはね……人を憎まないこと!人のことを悪く言わないこと!」
本当に、誰よりも大きな声で話してくださいました。

 

今まで出会ってきた100歳を超えて元気な方に共通していることのひとつは、
声が大きいことです。

性格は、クヨクヨしたり、マイナス思考だったり、人のことが気になったり、
決してドンと構えている方ばかりではありませんでした。

クヨクヨしても良しとして、
それでも、元気よく大きな声を出して、生きていこうと、
長寿のお年寄りから学んでいます。

 

自分自身も今年の敬老の日のお祝いに参加できて、
健康のありがたさを実感しています。