めきあは正しく使おう!

週末にアトピー改善の実践セミナーへ参加しました。

今、顔が荒れていて、赤みのある顔で参加しました。
実践セミナーの後半、めきあ体験をしたとき、自分の普段の使い方との違いに気がつきました。

おでこやあごまわり、大きな皮むけがあって、めきあの泡でゴシゴシこすって、
皮むけをついついはがしていた…はい、これダメな使い方です

めきあの残量が、ボトルの1/3量になった辺りから、ケチケチ使っていた…
少ない泡では皮膚を傷つけます、これも絶対ダメな使い方です。

 

セミナー後半、参加者みんな、笛木さんに肌を触っていただいて、めきあ体験をしました。
どの人も、顔の赤みやくすみが薄くなって、顔の皮膚が明るくなっていました。

めきあで、肌をこすらない!

何度となく参加したセミナーなどで、いつも聞いていたはずの言葉なのですが、
使い方が自己流になっていました。

その晩から、めきあの泡をホワホワに顔へのせて、
泡が消えないように、皮膚をこすらないように、やさしく、やさしく洗顔。

 

ちょっと話しは変わって、
この頃、夫とゴルフの打ちっ放し練習へ行くのですが、
私は初心者でボールが飛ばないことを、クラブのせいにしていたら、
その飛ばないクラブで、夫は、ポーンと高く遠くへボールを飛ばしてくれた…
あぁ、道具のせいじゃないのね、と気がつかせてくれた。

めきあもゴルフクラブも、正しく使うと、効果、成果をしっかり出してくれる。

お手入れ方法を見直す、とても大切な機会となりました。