からだの中からきれいになって
アトピーさんとお客様たちの声ブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ブログ »
  • アトピーさんとお客様たちの声ブログ

アトピーさんとお客様たちの声ブログ

洋服とお菓子の関係について考えたこと

テレビを見ていたら、オシャレな芸能人の女の子が言っていた 「洋服代がかかっちゃうから、ご飯は食べないんですよ~、お菓子がご飯です~」 食べることも、体力がいることです ご飯を食べると疲れると言う人もいる お菓子でお腹を満たしている体は、体力がない 実家で暮らしていたときは、家に帰れば食事がありました お金は洋服代に使っていました ひとり暮らし、ふたり暮らしと、暮らしが変化していく中で、 お金の使う場所、使いたいものやことを、よくよく選ぶ …

icon-usa04

アトピーさんへの応援を込めて

わたしは、高齢者施設で働いています。 少し前、桜が満開の時、命のおわりをお見送りしました。 おばあさんが元気だった頃、仲良くしていたおじいさんが、 部屋から出ていく布に包まれたおばあさんへ、がんばったね。と、言って手を合わせました。 おばあさんは、ちょうど1年前に、あと2~3週間の命かな… 最期は住み慣れた施設で迎えたいと、入院していた病院から戻られました。 あれから1年たっていました。 亡くなる前日、娘さんへ「お寿司食べたい」とほほ笑 …

icon-usa01

アトピーを治すうちに生理痛が消えていきました

職場の女性が、しかめっ面で働いていた どうしたのかな?声をかけると、 「あれ」なのよ…薬飲んだけど痛くてね。と、スタッフは言っていた 「あれ」とは、生理痛のことです   中学校の保健体育の先生は、環境活動をしていた 添加物いっぱいのボディーソープよりも石鹸を使うこと シャンプー、リンスと経皮毒 石油製品からの自然環境、身体への害を教えてくれた そういうお話しが面白くて、当時、夢中で聞いていました その先生が、生理のお話しをした …

icon-usa01

手作りの米粉パンを楽しんでいます

先月、れのあ恵比寿店の米粉パンのプライベートレッスンへ参加してから、 週末に米粉パンを作りました。 実家に帰ったときも、家族を喜ばせたくて、米粉を持って帰って、 炊飯器で米粉パンを作りました。 簡単に作れて、焼きたての美味しい米粉パンに、母も大喜びでした。 パンは焼きたてがいちばん美味しいですからね。 米粉パンは、時間の経過で硬くなっていくとは聞いていたものの、 数日後に本当にカラカラのパンになりました。 実は、恵比寿店で習ったラスクを …

icon-usa05

病む人、病まない人がいる

この頃、気になることがある。 職場の人や高齢者施設で生活をしているお年寄り、同じような生活をしているようでも、 病む人と病まない人がいる。 わたしは、乳がんを患った後、自分自身が病んだ原因を追及したり、 病まない人の生き方、考え方、食べ方を調べたり、本を読みあさって、知った気になっていた。 社会復帰してからしばらくは、人より余分に休むことは仕方ないと自分で決めていた。 絶対に無理して動かないと決めていた。 当然、お給料に影響した。 先月 …

icon-usa06
« 1 2 3 4 91 »

最近のコメント

ブログメンバー紹介

朋ちゃん
朋子
乳がんとアトピーを経験しました。高齢者施設で管理栄養士として働いています。
恋々パパ
恋々パパ
子どもたちのアトピーをきっかけに、本格的に自然農を実践しています。
夢は「恋々農園からのお野菜をみなさんに届けられるようになる」です!
現在は恋々農園さんの畑ごはん連載中です。
おみつ
おみつ
どこでもキャンプできるタフなママです!
▼体験談のあおい母。
PAGETOP