ベストセラー作家ひすいこたろうさん

れのあのフルオーダーインソールを履いていただいたのが出逢いかな?

20160830-fueki1

 

私にとって誕生の大恩人である

ひすいさんと行く沖縄マジカルツアー

そこで私は大泣きした

 

ずっと母をゆるせなかった私

 

以前

ひすいさんの講演会での握手の時

ひすいさんに自分の名前がきらいだと伝えた

 

そんな人は母親との関係性がうまくいっていない

それがひすいさんの答えだった

 

まさにそうだった

 

母を好きになりたい

母に愛されたい

だったらどうしたらいいの?

 

その確認の為の旅だった

 

ホテルの朝食会場でひすいさんが隣に座る

ひすいさんはこう言いました

 

紀ちゃん、神様との約束って知ってる?

紀ちゃんとお母さんは空の上で約束をしたんだよ

私のお腹の中にきても私は優しくしないよ

冷たくするよ

それでもあなたは私のお腹の中にくるの?

私が母のお腹を選んだのだそうです

 

そして

優しくされなくて辛く悲しい想いをしたから

辛く悲しいアトピーさんの気持ちが解る人になったんだよ

アトピーさんを守ってあげる仕事をしているんだよ

紀ちゃんにしかできないことなんだよ

 

ひすいさんはそう言ってくれました

一緒にツアーに参加したみんなも私を抱きしめてくれました

その時私ははじめて生まれてきて良かったんだと思えました

55歳のできごと

母で

この環境で

良かったんだと思えて子供の様に泣きました

 

その後の晴れやかな顔です♥

20160830-fueki2

母を大好きになった訳ではないけれど

母を受け入れることができました

 

この年の11月に母は他界します

母の子として生まれてきて良かった

所長とお母さん

そう思えてから見送る事ができました

今も毎朝母のお骨と対話しています

 

母に抱きしめられたくていつも逢いに行った石垣の夕日

石垣夕日

いつも私の心を癒してくれました

 

ひすいさんと大自然に感謝します

 

そして

少し私は優しくなったと思います

えっ

まだまだ(笑)