堂々とアトピー

私はアトピーです。
でも、気にしていません(^^)/

な~んにも気にしていないと言うと嘘になるので気にしている事を上げると、
食事や運動、カルシウム・乳酸菌・水素を摂ること、還元電子に当たること。
これは毎日、元気な身体でいるために気にしています。

では何を気にしていないのでしょう!?
それは・・・
アトピーの自分です!
人にどう見られているか。とか、
こんなアトピーの姿は本当のじぶんではないと自己否定したり。
そんなことはしません。
アトピーの自分は自分なのです。
でも最初からこんなふうに考えていたわけではありません。

私が姪っ子ちゃんの話をすると所長が言うセリフがあります。
あの美穂ちゃんが叔母さんか~」
あのが何をさしているのか私にはわかります。
人目を気にして肌を隠し、家から出ない。
気持ちが弱くて泣き言や愚痴ばかり言う。
周りの事は見えなくて自分の事しか考えられない。
後ろ向きで頑張れない。
あげたらきりがないですが、
「アトピーの自分が大嫌いで、本当の姿じゃない!」と思っていたあの頃の私です。

自分の事が大嫌い。でも本当は大好きになりたい。
楽しくなりたいし、笑いたい!
ずっと心の中では思っていましたが、どうすることもできませんでした。
「だってアトピーだから。」

20歳になった時絶望しました。
私の理想としていた20歳と全然違うから。
楽しいキャンパスライフも、オシャレも、友達も私には何もなかったから。
どん底から私は動き出しました。だって一生このままなんて嫌だったんです。
隠れるのを止めて、アトピーですと堂々と言い始めました。
連絡の取っていなかった友達に会って、アトピーの辛い時の写真を見せました。
「嫌われたらどうしよう。」と怖かったですが勇気をだしました。
友達は「いままで頑張ったね。」と言ってくれました。本当にうれしかった。
少しづつ、本当に少しづつですが、家の外に出たり、人と会ったり、ワクワクする事をしたり。
アトピーでも楽しいなと思うようになりました。

今はあの頃の自分があったからこそいまの自分があると思っています。
無くてはならない時間でした。ちょっと長すぎましたが(笑)
自分とアトピーと向き合った時間があるからアトピーになって良かったと思えます。

ちなみに・・・
私はアニメや声優さんが大好きなのですが、それはあの頃にみつけた唯一の生きがいでした。
今は、さらにグレードアップしたオタクになっています。
あの頃の引き籠りで退屈な時間があったからこそ出会えたことなので、その点も感謝しています(^^♪笑

  • LINEで送る

コメント

  1. fueki より:

    こんな事が言えるようになるなんて。

    すご~~~~~~い♡♡♡

コメントは停止中です。