粉カルクリーム

先日、れのあに通われているアトピーさんから「ナイスアイディア」を頂きました。

 

その方は、体質改善を始められてから約1年になる主婦の方で、

今は週1回のペースで通われて、温熱や磁力線などの施術を受けています。

通い初めの3ヶ月間は休職されて、ほぼ毎日通われていました。

2歳になる息子さんがいらっしゃるのですが、

その3ヶ月間は毎日、お母様に息子さんを預けられて、れのあに通われていました。

片道2時間の往復を毎日。

施術が終わったら息子さんが待っているので急いで帰られていました。

「息子に寂しい思いをさせているし、早く仕事に復帰したい!」

と強い気持ちをもって体質改善にのぞまれていました。

 

全身が痒くて痛くてどうしようもない時、「本当に治るのかな?仕事に戻れるのかな?」

不安になって気持ちが沈むこともあったそうです。

それでも辛い時期を乗り越えて、

3か月後には見事に職場復帰を果たしました!

今はバリバリお仕事をしながら、お休みの日にれのあに来てくださいます。

 

 

少し前に「息子が夜中に痒がるので、一緒に起きるから寝不足で・・・」

というお悩みを温熱中にされました。

「赤みや乾燥があって手首や足首などの関節が痒そう」との事でした。

顆粒タイプのカルシウムを、耳かき2、3杯分を飲んでもらっているので、

便の様子を見ながら少し増やしてもらいました。

それと同時に『アラゴナイト粉カルの鎮静水』もお勧めしました。

スプレーボトルに「アラゴナイト粉カルシウム」とコアの水を入れるだけ!

簡単にできるアトピーの炎症を抑えるスプレーです。

痒がる所に、気付いた時にこまめにかけてもらいました。

 

 

そして先日。

息子さんの様子を伺ったところ、「だいぶ落ち着いてきました。」との事でした!

「赤みも薄くなってきて安心しました。」と嬉しそうです。

さらに「スプレーしていると粉カルが詰まってくるので、

最近は粉カルをクリーム#1と混ぜて使ってます。

息子だけじゃなくて私も使ってます。」と驚きのアイディアを教えてくれました!

 

粉カルクリームの作り方

➀粉カルを使いやすいように小さい容器に小分けにしておく。

※1回にドパッと出ないように、七味唐辛子の容器のように小さい穴が開いていて

振って出すタイプのものが使いやすいみたいです。

クリーム#1を手に取り、そこに少量の粉カルをかける。

軽く混ぜたら、肌に塗るだけ!

 

 

私もお家で早速やってみました♪

クリーム#1に粉カルを混ぜ混ぜ。

ザラザラするのかと思っていたのですが、

そんなこともなくスーっと塗れました!

粉カルで炎症を抑えて、クリーム#1で傷の再生や保湿もしてくれる。

一石二鳥!

衛生面ではまとめて作るよりも、1回1回作ってあげるのが良さそうですね。

 

 

「早く治してあげたい。痒くて寝れないのはかわいそう」そう思う気持ちが、

ひらめきに繋がったのかもしれません。

風邪をひいたり、どんなことがあっても大丈夫。ママが家庭のお医者様!

ママの家族を思う強い気持ちが、アトピー改善の近道なのかもしれませんね。

 

赤みや、じゅくじゅくしている所、治りが遅い所に、粉カルクリームを試してみてください(^^♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る