ステロイドと朝寝坊

中学時代、朝が起きれませんでした。

特に中学3年生の秋からが本当にひどかったです。

丁度同じ様に、中学生になって、アトピーにステロイドの塗り薬を使い始めました。

中学3年生の秋から、ステロイドがだんだん効かなくなり、強いステロイド薬になっていきました。

 

その当時、私はバスケ部に所属していました。

バスケ部には朝練があって毎朝6時前には起きていました。

中学1年生~3年生の夏まで毎日バスケ漬け。

夏に引退しました。

引退してからは朝7時に起きるようになりました。

今までよりもゆっくり起きられるのに、たびたび朝寝坊する様になりました。

秋になり冬になると、どんどん朝寝坊が増えていきます。

夜更かしをしているわけでもないし、

朝寝坊したいわけでもないのに、なぜだか起きられない。

受験勉強の疲れかな?と思ったりもしましたが、

受験が終わって落ち着いても朝寝坊は増え続けました。

そして起きると決まって身体がダルイ。力がでない感覚がありました。

 

私には中学3年間、一緒に登下校している友達がいました!

毎朝、私の家の前で待ち合わせ。

私が家から出てきていないとインターホンを押して呼んでくれていました。

部活も一緒だから、どんなに朝早くても楽しい時間(^^♪

朝は「眠いね~」とか、みかんを食べながら歩いたり、マンガの話をしながら登校。

帰りも一緒に下校して家の前でバイバイしていました。

私が朝寝坊すると、友達には先に学校へ行ってもらっていました。

朝寝坊が増えていくと、一人で登校する日も増えていきました。

私はこの朝の時間が好きだったので、寝坊はしたくなかったのに、どうやっても起きれませんでした。

 

中学の卒業式。

この日だけは絶対に朝寝坊しない!

そう決意していました。

この日で友達と登校できるのも最後だったからです。

でも、起きれませんでした。

今でも「あの日起きれていたら・・・」と悲しい思い出として残っています。

その当時はどうして朝起きれなくなったのかわかりませんでしたが、今はわかります。

 

中学生で塗り始めたステロイド薬。

塗ったら次の日には綺麗になる!

思春期の私にとって、それは魔法の薬でした。

でも、その魔法の効力は短い。

一週間も持たずに効力が切れてまたアトピーが出てきます。

そしてまた塗ります。

使い続けていくうちに効力が切れるのが早くなってきました。

5日後・・・3日後・・・次の日・・・

もっと強いステロイドを処方されました。

使っていくうちに効かなくなる。

もっと強いステロイドを使うようになる。

とうとうステロイドが効かなくなった。

 

左が私の足。右が所長の足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステロイドは魔法なんかじゃなかった。

私の身体を着実に蝕んでいました・・・

 

ステロイドをやめて11年が経ちます。

脱ステ後のリバウンドは辛かったけれど、

その期間、れのあで手厚くケアしていただき、

今はこうしてスタッフとして毎日笑顔で元気に過ごしています!

 

20161120-5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ステロイドはやめられます!』

ステロイドをやめて、アトピーを改善して綺麗になられた方々を、

お客さんとしてれのあに通っている時から見てきました。

 

アトピーで辛い方、

ステロイドを止めたい方、

ステロイドをやめて辛い期間にいる方。

大変な事、辛い事、同じように経験してきました。

どうかサポートさせてください。

『一緒に頑張りましょう!』

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る