赤ちゃんのアトピーはお母さんが頑張る

近頃、LINE相談室に、

赤ちゃんのアトピーのご相談が増えています。

 

春から夏にかけては排泄の季節です。

赤ちゃんは代謝が良いので気温が上がるとすぐに排泄を始めます。

痒そう。

痛そう。

その姿を見ているのが辛い。

薬をつかってしまいたくなる。

ですが、今一度その気持ちを抑えてください。

辛いですが、今がまさにチャンスです!

春から夏はアトピー改善には素晴らしい季節です。

アトピーとして身体がサインを出している今をどの様に過ごすかが、

将来大人になったときに健康でいるかどうか決まります。

 

私は生後2ヶ月で湿疹が出始めました。

それ以来、皮膚にアトピーが出ていない日は無かったです。

アトピーの自覚がない幼稚園時代も。

学年が上がにつれてアトピーが恥ずかしくなっていった小学校時代も。

アトピーのてのひらが痛くてもバスケットボール部に励んだ中学校時代も。

高校受験でアトピーが一気に悪化して卒業できなかった高校時代も。

アトピーのまま20歳になりたくなかったのに迎えてしまった成人も。

常にアトピーと一緒でした。

 

アトピーで辛かったことは数え切れないほど沢山あります。

「生きていてもしょうがない」何度思ったことでしょう。

けれど今は、「アトピーになって良かった。」と思っています。

アトピーと向き合ったからこそ、健康でいる術を知ることが出来たし、

人間的にも成長して行くことが出来ているのだと思います。

 

今はこうして良かったと思えていますが、

だからといって、アトピーを経験して欲しいわけではありません。

私は子育ての経験も、もちろん出産経験もございません。

ですが、『もしも』の話をするならば、

赤ちゃんがアトピーにならないように自分が健康になるのは大前提ですが。

もし、産まれた赤ちゃんがアトピーになったら、

一刻も早く治そうと頑張ります。

アトピー改善の知識をフル活用してものすごく奮闘するでしょう。

自分と同じ様な悲しい思いをさせないためにも。

その子の将来のためにも。

 

年を重ねるほどにアトピー改善には時間が掛かるようになります。

赤ちゃんのうちは、お母さんの頑張り次第でアトピー期間を短く出来ます。

自我が芽生えるようになると「お菓子食べたい」と言うだろうし、

お母さんの意志だけでは難しくなってきます。

その間にもアトピーは重症化してしまうかもしれません・・・

 

赤ちゃんのことになると、おばあちゃんおじいちゃんも心配します。

私の母も、孫のことになると些細なことでも心配して心配して、

子育てに口出ししないようにするのが大変と言っています。

アトピーっ子ならなおさらでしょう。

自然療法を応援して一緒に頑張ってくれるのなら、これほど強力な味方はいませんね。

反対に、「薬を使って治そう」と言われるかもしれません。

そうしたら、実際アトピーが良くなっていく姿をみせて、

認めてもらえばいいのです!

 

赤ちゃんの笑顔のため、将来のために。

最善の方法を選んであげてください。

迷うこともあると思います。

諦めそうになることも。

不安になること。

そんな時にはお一人で悩まないでください。

私たちがついています。

私たちはアトピーっ子をもつお母さん達を全力でサポートします!

 

LINE相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る