大根さやのおひたし

 
4月下旬にもなると、大根はトウ立ちし始め、花を咲かせます。
(※薹(トウ)は花を咲かせる茎のことで、トウが伸びることを「トウ立ち」という。)

その花は、さやとなり、中に種を付けるようになります。
そのさやが若く、柔らかいうちに収穫し、煮たり、炒めたりして食べることができます。
  
なかなか市場には出てきませんが、生のまま食べる事ができ、シャキッとした心地よい歯触りがあり、
噛むと大根らしいピリッとした辛みと香りが口に広がり、大根の味のさや豆を食べているような印象です。  
ただ、物によっては尖った部分が固く、口に繊維質が残る感じの物もあります。

京都や大阪では、ブランド化して商品として販売しているところもあるそうです。
        
 
恋々農園の大根の種は、自家採取だと交雑してしまいますので、固定腫を購入してします。
なかには、交雑した大根の種からも自生してきたものがあります。

20170522-2

 

<材料>

大根さや: 適量
調味料: 醤油など適量

 

<作り方>

01 大根さやをよく洗います。

20170522-3

 
02 大根さやを1分ほどゆでます。

20170522-4

 
03 皿に盛り付け、味付けをして完成です。

20170522-1

 
* 茹でずに生で食べても美味い、大根のピリ辛が効きます。
* 茹でると辛さが消え、甘くなります。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る