こんにちはみるひです♪
暑さや冷房でお腹の調子も悪くなりやすいこの季節。

我が家の子供たちはやたらに暑がったり、クヨクヨしたりして
お腹のSOSを発信しています。
お腹の調子が悪いと自信を無くしてネガティブになるのが息子。
みすずはイライラして攻撃的になります。

「良いうんち出てる?」
なんて聞いても
「まあまあ。」
としか答えないので、そんな時はまず飲む乳酸菌」を飲ませて
お腹をホットタオルや生姜湿布を温めます。

お腹の次に仙骨から腎臓にかけての腰の辺りも温める
子供たちの身体からみるみる力が抜けていくのが分かります。

リラックスして来ると子供たちの方から
「実はあんまり良いうんち出てないんだよね~。ご飯をもっと良く噛んで食べなきゃ。」
なんて反省の言葉も飛び出します。

「分かってるのならちゃんとやってよ。」と言いたいのはぐっと飲み込んで
「そうだね、良く噛むと身体が大きくなるし、賢くなるよ。」と答えるに留めます。

子供たちに強く言えないのは後ろめたいから。
・・・ごめんなさい。
お腹の調子を崩しやすいのは母ちゃんも一緒です(>_<)
数年間お腹の調子が悪いままでいたら
口紅を塗ると唇の皮が剥けるようになってしまいました。

いい加減こんな状態から脱したい!と先日ファスティングにチャレンジしました。
詳しい話はまた次回に♪