こんにちはみるひです♪
子供たちの排泄を整えたい!と願いながら生活していますが、
くしゃみや鼻水を出したり
となかなか思い通りには行きません(>_<)
思い当たるのは、食べ過ぎ!

しかしこの夏息子は少食(例年比)で過ごしました。
きっかけは夏休み始めの発熱。

今まで息子は高熱を出せずにいました。
お決まりのパターンは年末年始に祖父母宅で食べ過ぎて
春先に37℃台の低空飛行で1週間ダラダラと発熱。
それが今年は食べ過ぎに気を付けた結果、春先のダラダラ発熱がありませんでした。

それが夏の始めの高熱。
思わず「すごい!良い子だ♪」と褒めてしまいました。
息子は初めて発熱に伴う関節痛を体験。
「成長痛みたいだけどもっと痛い!何これ?」
と驚く息子。
関節の痛みの原因。
それは老廃物です!

海水温熱を受けて関節が痛い位に熱くなった経験がある人はいませんか?
関節は老廃物が溜まりやすいところなんです。

それと同じことが発熱時にも身体で起きています。
発熱によって老廃物を何とか身体の外に追い出そうとしているのですね。

そんな身体からの健気なメッセージを息子が受け取ったのか否かは不明ですが、
それをきっかけに食事の量が減ったのは事実。
本人は「少食になっちゃった!」と心配していますが大丈夫!
適量です。

今までが食べ過ぎですからね!

食べ過ぎは想像以上に身体を冷やします。
老廃物は正しい排泄で出せるように、温かい身体でいることの大切さ
考えさせられた出来事でした。