さて、

白米を食べている人と

玄米を食べている人では

どちらが多いのでしょう。

99対1ぐらいで白米でしょうか。

いや、玄米は1%もいないでしょうね。

1%というのは、約130万人です。

こんなにいるとは思えませんね。
今は残念ながら、

圧倒的に白米の勝利です。
玄米が体にいいのは分かるが、

白米の方がウマイ。

白米の勝利の要因はココだと思ってます。

玄米の方がウマイという人も

もちろんいるとは思うのですが・・・

 

そこで、

こんな質問です。

「もしも、

玄米も白米も栄養価が同じだったら、どちらが食べたいですか?」

超勝手な僕の予想ですが、

80%の方は、白米と答えるのではないでしょうか。

そう、美味しさで言ったら、

やっぱり白米なんです。

それは、歴史が物語っています。

昔は玄米が100%シェアだったが、

まるでオセロの様に、黒から白に塗り替えられた。

人は白米の美味しさに魅了されたのですね。

しかし、白米は栄養がない。

だから、

最強の米を思いつきました。

「白米なのに玄米の栄養がある」

これ、たぶん最強です。

旨くて身体にいい!

「夢の米」と名付けましょう!

夢の米を探しに行ってきます!