アトピーの「お肌のケアを難しい、面倒」と感じたことはありますか?

病院で処方されたステロイドや軟膏、保湿剤をやめたくても、

代わりに「何を塗ればいいのかわからない」と悩むことはありませんか?

肌ケアをしているが、「化粧品の使い分けがわからない」と諦めていませんか?

肌ケアは「どうして必要なのか?」を知っていると、

実はとても簡単なんです。

 

 

先日、

晩御飯支度中に。

包丁で、キャベツではなく親指を切りました。

出血と鈍い痛みが・・・(T_T)

切ってすぐ脳裏によぎった事は「しばらく痛い日が続くのか~嫌だな~」でした。

だったら「早く治してしまえばいいんだ!」と、

しっかり手当をすることにしました。

 

 

①まずは消毒。

一般的にはケガの消毒には、消毒液や消毒用エタノールが使われますね。

今回、それらは使用せずに、「コアの1500回通しの水」を使いました。

おちょこにコアの1500回通しの水を入れ、そこに親指をちゃぽんと10分程浸しました。

普通の水道水ならしみて痛かったと思うのですが、

全く痛くなかったのです!

コアには殺菌効果がありますので、消毒はこれでバッチリ!

コアの1500回通しの水は町田店、通販で販売しております。

お手元にない時には「YMGプラス」を使います。

 

アトピーの傷や炎症の強い所は消毒をします。

掻き傷には「ミスト#2」を使います。

春になり代謝があがるので、アトピーを爆発されてリンパ液が止まらない方がいらっしゃいます。

そんな緊急の手当の時にもコアの1500回通しの水で湿布して消毒します。

 

 

➁傷の修復

傷の再生に役立つ「エッセンス」をこまめに塗りこみました。

傷に塗って、エッセンスが馴染んで表面になくなったらまた塗る。

それを何回も何回も繰り返します。

しつこいくらいに塗りこみます。

いかに回数を多く塗れるかが、早く傷を治すポイントだと思っています!

アトピーでも同じです。

こまめに塗ってあげると搔き壊しの傷は早く良くなります。

赤みはひいていきます。

 

こんなお客様もいます。

「うっかりして、いつも使う量よりも多く出し過ぎちゃって・・・

でも思い切ってたっぷり使ってみたら肌がしっとりして、

次の日にはガサガサが綺麗になってたの(^^♪

これからはケチケチ使うんじゃなくて、必要だと感じる時にはしっかり量を塗る!」

エッセンスに感激されていました。

私も、海で焼き過ぎにより火傷をして痛くて歩けなくなった時、

エッセンスを大量に塗りこみました。

期間限定でしか販売されない大容量エッセンス200mlが1週間でなくなるくらいに・・・

 

 

➂雑菌からのバリアー

ケガをすると絆創膏を貼りませんか?

れのあではお勧めしていません。

私も勿論使っていません。

絆創膏のガーゼパット部分に薬用成分が含まれているものがあるからです。

れのあではお薬を使わずにアトピー改善をしています。

ですので、薬用成分が含まれている絆創膏は使いません。

もし傷口から菌が入ってしまったら?と心配なら、

オイル#1を薄く塗ってみてはいかがでしょうか。

私も切ったその日の晩はオイル#1を薄く塗って寝ました。

一晩寝たら傷は塞がっていました!

 

アトピーさんのお肌は皮脂膜が作れていない状態です。

皮脂膜が無いとチリ・埃、雑菌から身体を守れません。

雑菌の侵入を許してしまいます。

お肌の水分も閉じこめることが出来ないので、

お肌の水分は蒸発し、乾燥します。

自力で作られないお肌のバリアーをオイル#1を塗ることで作ってあげます。

もちろん保湿もします。

 

 

 

切れたところは、今は跡形もなくキレイに完治しております!!

アトピーの肌ケアはケガの手当と同じです。

ケガは放っておかないですよね。

アトピーの肌もケガと同じく傷ついています。

同じように、放置せずに手当をしてあげてください。

体質改善の取り組みとの相乗効果で、変化が早くなります。

それがキレイなお肌への近道です。

ケガは治ります。

同じように、アトピーも治るのです!