先日、お客様からアトピー温熱ケアの施術中にこんなご相談をうけました。

 

「黒い服が着れない。好きでたくさん持っているのに着れないんです。」

 

同じ思いを経験された、または現在されているアトピーさんも多いと思います。

私もその一人でした。

 

私もこんな経験をしたことがあります・・・

 

 

~高校1年生~

れのあと出会う少し前の出来事です。

 

「学校にいる間は掻かない」

私のなかでの決まり事がありました。

同級生にボリボリ搔いている姿を見られたくなかったのです。

それともう一つ、搔くと落屑するからです。

 

私の通っていた高校の制服は、濃い紺色でした。

搔いてでた皮膚は制服に落ちます。

紺色の制服には、落屑は目立つのです。

特に、顔や首からの落屑は、制服の肩の部分に溜まり目につきやすくなります。

まるで、「電車でたまにみかける、スーツの肩が頭皮から落ちたフケだらけになっているおやじ」のようだっ

「そんなの恥ずかしい!絶対に嫌!

と頻繁に肩に溜まった落屑を払っていました。

もちろん、周りに気付かれないようにこっそりと。

 

ある日の授業中、気がつくと制服のスカートの一面には、

まるできな粉を袋からこぼしたかのように落屑の海が広がっていました。

席から立ち上がってバサバサ落屑を払いたくても、

そんなことをしている姿を同級生に見られるわけにはいかず・・・

ついにその日は席から立ち上がれませんでした。

1日中気付かれてしまうのではとヒヤヒヤして落ち着かなかったです。

まるで小さい頃のお漏らしを隠している時の心境に近かったです・・・

 

 

落屑が目立つから黒っぽい服が着れない」という方はたくさんいらっしゃると思います。

私の様に、苦い経験をされた方も少なくないと思います。

着たいお洋服を諦めていませんか?

お気に入りの服、着たくはありませんか?

 

諦めなくて大丈夫です!

捨てないでください!

着れる日が来るその時まで、大切に持っていてください。

 

私は先日、紺色のワンピースを買いました。

あの頃には絶対に選ばなかった色です。

いつ着ようかな?友達とお出掛けの日にしようかな。

今からワクワクしています!

そんなワクワクとココロオドル期待(着たい)を持ってください!

それが実現できるように、れのあにお手伝いさせてください。

『諦めなければ叶う』のです(^^♪