からだの中からきれいになって
恋々農園さんの畑ごはん
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 恋々農園さんの畑ごはん

恋々農園さんの畑ごはん

フライドキクイモ

今やキクイモさんは恋々家には重宝な野菜となっています。   サラダにしたり、きんぴらにしたりと活躍の場をひろげています。 今回は、フライドポテト風にしてみました。 本物のフライドポテトみたいでおいしいですよ。   <材料> ●キクイモ: 3~4個 ●菜種油: 大さじ1 ●塩: 適量 ●あおのり: 適量   <作り方> キクイモをよく洗い、さいの目に切ります   油で揚げます(180℃の設定) ※く …

20170312-3

たくわん作り

発酵食品の代表であるたくわん。 たくわんは、余分な添加物を入れないで作ると、陽性の保存食となります。 途中、発酵して水分が上がってくると、とても匂いがして、都市部ではなかなか作りにくいかもしれません。 それでも、チャンスがあればぜひ、お勧めしたい食材ですね。 たくわん作りは、大根を干すことから始まります。 2週間ほど干すと程よく水分が抜け、「し」の字に曲がるようになります。 そのようになれば、たくわん漬け作業に入れます。   …

20170227-1

ごぼうピクルス

ごぼうといえば、きんぴら料理を思い浮かべますが、 最近は、ごぼうピクルスも作るようになっています。 というのも、知り合いの農家さんから、 ごぼうのピクルスがとてもおいしいと教えて頂いたからです。 それ以来、ごぼうピクルスは、夕飯の欠かせない一品となっています。   恋々農園では、二股や三股になったごぼうがよく取れます。 しかも太いのが・・   ごぼうは、掘り出すのにとても大変です。 1メートルくらい穴を掘ることもあり …

20170213-1

切り干し大根だしのみそ汁

冬の恋々農園では、大根がたくさん採れるので、 食べきれないときは、切り干し大根にします。   もちろん無農薬ですので皮ごと一緒に干します。   2週間しっかり干すことによって、 天日のありがたい力を吸収した切り干し大根が出来上がります。 それを使っての出し取りが日課となっています。 みそ汁にするのがほとんどですが(^^)/   <材料(3~4人分)> ●切り干し大根: ひとつかみ ●だし用昆布: 10~15 …

20170130-7

菊芋サラダ

菊芋さん、第2弾。 菊芋さんは、2年前、facebookで知り合った香川県の自然農仲間から譲り受けました。 その時は、少し癖があるなあと思いましたが、畑も空いている場所があったので植えてみました。 そしたら、どんどん成長し、見事な菊芋さんとなり、現在、孫の代となっています。 今年の方が、癖が少なく、食べやすい印象となっています。   最近、少しテレビに出ている菊芋さん。 とても栄養価が高く(特にイヌリンがいい)、育てるもの楽ち …

20170116-4
1 2 »

恋々パパ Profile

家族4人全員がアトピーでした。
無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。 
 
自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。
また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。
子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。

人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。

アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。( >> もっと読む

PAGETOP