からだの中からきれいになって
恋々農園さんの畑ごはん
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 恋々農園さんの畑ごはん

恋々農園さんの畑ごはん

レタスサラダ

  レタスにはいろいろな種類があります。 「レタス」と呼ばれている物はキク科で、「チシャ」の分類に入り、その葉を野菜として食べます。 「チシャ」には、一般的な玉レタスやサニーレタスをはじめ、サラダ菜など色々な種類があり、 それらを総称してレタスまたはチシャと呼んでいます。 日本では古くから、レタスの部類を「チシャ」と呼びます。 どの国でもほとんど生のままサラダとして食べる野菜として親しまれています。   恋々農園でも …

20170627-3

赤玉ねぎのサラダ

  5月から6月は玉ねぎが旬を迎えます。 この時期の玉ねぎは、辛みも少ないのでサラダなどの生食に向いています。 恋々農園でも、黄色や赤色の玉ねぎが色とりどりに、 大きさもまちまちに丸いあたまを出しています。   収穫した玉ねぎは、1日天日干しして少しでも保管が出来るようにします。 特に、赤い玉ねぎは、サラダに向いていて、 生で食べるととてもおいしいのでおすすめです。   <材料> ●赤玉ねぎ: 適量 ●葉物 …

20170609-1

大根さやのおひたし

  4月下旬にもなると、大根はトウ立ちし始め、花を咲かせます。 (※薹(トウ)は花を咲かせる茎のことで、トウが伸びることを「トウ立ち」という。) その花は、さやとなり、中に種を付けるようになります。 そのさやが若く、柔らかいうちに収穫し、煮たり、炒めたりして食べることができます。    なかなか市場には出てきませんが、生のまま食べる事ができ、シャキッとした心地よい歯触りがあり、 噛むと大根らしいピリッとした辛みと香りが口に広が …

20170522-1

のらぼう菜のおひたし

  のらぼう菜は寒さの中でよく成長し、春彼岸頃から出るトウ立ちを折りとって収穫します。 (※薹(トウ)は花を咲かせる茎のことで、トウが伸びることを「トウ立ち」という。)              柔らかい花茎にはほのかな甘味があり、他の菜花類のような苦味やクセがない。 ゴマ和えや、おひたし、味噌汁の実などによく、また油とよく合うので、炒めて食べてもおいしいらしいです。         茎立ち菜、トウ菜などと呼ばれる花茎を食べる …

20170508-1

ねぎ坊主の炒め物

  春になると、畑にもいろいろな花が咲きだします。 菜の花やルッコラの花や大根の花などなど。 黄色や白色やピンク色など色とりどりって感じです。 畑にいるだけでお花見気分にさせてくれます。 少し変わったお花(つぼみ)では、ねぎ坊主があります。 桜が咲くころから、徐々にねぎから、ねぎ坊主があらわれてきます。 つぼみは栄養満点で、食べると甘くておいしい味が楽しめます。   そこで、恋々農園のねぎ坊主さんをまとめて収穫し、炒 …

20170424-4
1 2 3 »

恋々パパ Profile

家族4人全員がアトピーでした。
無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。 
 
自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。
また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。
子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。

人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。

アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。( >> もっと読む

PAGETOP