乾燥対策

乾燥対策④良質な脂質をとる。サンマ・イワシ・亜麻仁油・パワーツナ

こんにちは、妙子です。

スタッフの中で一番乾燥肌の私。

8月後半のまだ暑い時期でも、夕方になるとちょっと涼しくなる・・・

そんな時期から肌の変化を感じます。

そんな私が行っている乾燥対策を4回にわたってお伝えしています(^^♪

 

最終回は良質な脂質をとる

 

これまで入浴方法やスキンケアなど外側からの

ケアをお伝えしてきました。

今回は内側、食べるものです。

 

私は以前に比べて食べる量が増えた食材があります。

それはお魚、特に青魚を積極的に食べるようになりました

 

青魚に多く含まれるEPAやDHA。

人間の体には約60兆個の細胞からできています。

EPAやDHAはその細胞一つ一つの「細胞膜」の原料になり、

また炎症を抑える作用もあると言われています。

その他にも青魚にはアトピー改善に必要なビタミンやミネラルが含まれています。

 

元から肉より魚の方が好きなこともあり、

今では少量でもいいので毎日食べるようになりました。

青魚の中でも切り身ではなく、一匹丸ごと食べられるイワシが多いですね。

これからの季節だとサンマも美味しくなります(^^♪

 

もちろん以前からオメガ3の亜麻仁油は摂っています。

オメガ3の油に含まれるα‐リノレン酸は体内でEPA・DHAに変換されます。

オメガ3の油は酸化しやすいため加熱してはいけない油なので、

納豆に入れたり、お味噌汁をいただく時に加えたり。

たまーに玄米に亜麻仁油とお醤油をかけてたまごかけご飯風にしたり。

最初はご飯に油??と思ったのですが、これが美味しくて(笑)

食べすぎ注意です(;’∀’)

 

多く摂るようになった油もあれば、減らした油もあります。

それはオメガ6の油。

具体的に言うと、一般的なサラダ油やごま油など。

これらの油に含まれるリノール酸は炎症を引き起こすと言われています。

今はオメガ6の摂取量が増えて、脂肪酸のバランスが崩れているので

オメガ3を増やし↑、オメガ6を減らす↓ようにしています。

 

いい油はサプリでも摂ります。

パワーツナ」これも欠かさず飲んでいます(^^♪

 

いい油を積極的に摂るようになって、体に変化がありました。

それは・・・

お通じがよくなったこと!!

以前から便秘がちで、出てもコロコロとした便が多くいい便ではありませんでした。

今は毎日お通じもあるし、いい便が出るようになりました♪

 

積極的に魚を食べるようになってから、初めての乾燥する季節を迎えています。

ゆっくりだけど確実に以前とは違う肌の感じです。

良い脂質を摂るようになってもすぐに肌の変化は感じないかもしれません。

時間はかかるかもしれません。

 

でも私たちの体は「食べて吸収されたもの」でできています。

何を食べるかで体は変わるのだと思います。

基本食

 

乾燥対策③化粧品をつける順番を「オイル」からにする

こんにちは、妙子です。

スタッフの中で一番乾燥肌の私。

8月後半のまだ暑い時期でも、夕方になるとちょっと涼しくなる・・・

そんな時期から肌の変化を感じます。

そんな私が行っている乾燥対策を4回にわたってお伝えしています(^^♪

 

第3回目はスキンケアの順番

 

皆さんは化粧品をつける順番は決まっていますか?

通常は

化粧水➡美容液➡クリームが王道ですよね。

レノリアシリーズなら

ミスト➡エッセンス➡クリーム・オイル

 

水分で潤してから、水分が逃げないように油分で蓋をする感じです。

 

でも私は

オイル➡ミストエッセンスクリーム➡オイル

この順番で使っています。

 

なぜこの順番で使うようになったかというと、

全身に顔と同じケアをするため、ある程度の時間がかかります。

いくら浴室でスキンケアをしていても、時間と共に乾燥は進んでいきます。

どうにかして入浴後のしっとりとした肌をキープしたまま

スキンケアができないかと思ったからです。

 

オイルを先に塗ったらミストが入っていかないのでは??とも思いましたが、

試しにやってみたところ・・・

「あれ?いい感じじゃない?」(*”▽”)

心配していたミストも弾くことなく入ります!!

 

調べてみると「ブースター効果」と言って、

先にオイルを使っておくと、お肌の角質層の水分と油分のバランスが整うので、

その後の化粧水や美容液が浸透しやすくなるんだそう。

 

 

確かにオイルを先に塗っておいた方が

その後のミストやエッセンスが浸透している感じがあります!!

 

オイル➡ミストエッセンスクリーム➡オイル

ポイントは最初のオイルは多くは塗りません。

少量でいいので、薄い膜をはるようなイメージです。

最後のオイルはしっかりと塗ります。

 

オイルを先に塗るのは抵抗があるかもしれませんが、

一度お試しください(^^♪

すっぴん美人さんのスキンケア

乾燥対策②入浴後、湯気のこもった浴室でスキンケア

こんにちは、妙子です。

スタッフの中で一番乾燥肌の私。

8月後半のまだ暑い時期でも、夕方になるとちょっと涼しくなる・・・

そんな時期から肌の変化を感じます。

そんな私が行っている乾燥対策を4回にわたってお伝えしています(^^♪

 

第2回目は浴室でのスキンケア

 

皆さんはお風呂上がりのスキンケアはどこでしていますか?

脱衣所でしょうか?

それともお部屋でしょうか?

 

私は、秋から冬にかけては湯気のこもった浴室でスキンケアをします。

 

お風呂に入っているときはしっとりとしている肌も、

お風呂からあがってしばらくすると肌がつっぱってきます。

私のような乾燥肌は、つっぱってきてからのスキンケアでは

遅いのです!!

 

実はお風呂からあがった直後は肌の乾燥が最も進みやすいのです。。

湿度の高い浴室にいるときは肌の水分量も増えているので、

このタイミングを逃さないようにスキンケアをします(^^♪

 

ちなみにお風呂に入るとき、

浴室のドアの外にバスタオルとスキンケアのセットをスタンバイ。

間髪入れずにスキンケアができるようにしています。

 

お風呂から出た瞬間から、時間がたつほどに乾燥は進みます。

潤いが蒸発してしまわないうちのスキンケアが大切です。

 

 

ぜひ今日から「浴室でのスキンケア」試してみてください(^^♪

 

血流を良くする

 

乾燥対策①水素風呂の水素生成時間を60分に

こんにちは、妙子です。

スタッフの中でも一番乾燥肌の私。

8月後半のまだ暑い時期でも、夕方になるとちょっと涼しくなる・・・

そんな時期から肌の変化を感じ始めます。

そんな私が行っている乾燥対策を4回に分けてお伝えします(^^♪

 

第1回目は水素風呂

 

秋の気配を感じ始めると汗の量も急に減り、

それと同時に肌の変化を感じます。

「汗が出ればもっと肌も楽になるのに( ;∀;)」

この季節になるといつも感じていました。

汗は水分だけでなく、皮脂腺から皮脂も分泌します。

これが肌の潤いを保ち、乾燥対策になります。

 

6月からレンタルを始めた水素風呂。

最初は抗酸化のケアとして水素風呂を始めました。

●水素生成時間「30分」

●入浴時間「5分」

この時間設定で使っていました。

 

でもそろそろ乾燥してきたかな・・・という時に

皮膚が辛い人は時間を長くした方が効果が上がると聞き、

水素生成時間「60分」

入浴時間「15分以上」

早速時間設定を変更しました。

 

正直、お風呂に入る前に60分もかかるのか・・・面倒だな(-_-;)

でもそれだけで効果が上がるのであれば、やってみよう!と。

 

最近の行動パターンとしては、

家に帰ったらお風呂にお湯を溜めて、水素風呂のスイッチON!

その間にご飯を食べたり、テレビを見たり。

今までも帰ってすぐにお風呂に入るわけではなかったので、

実際やってみたらそんなに面倒ではありませんでした(;^_^A

 

結果としては・・・

お湯が柔らかく感じ、肌もしっとりしました!!

お湯の温度は39~40℃

少しぬるめと感じる温度ですがしっかりと温まります。

15分以上入るのが効果的です!!

 

実は熱いお風呂が好きな私。

でも熱い温度だと肌の油分をとってしまいます。

更に高い温度は交感神経を優位にします。

そうすると寝付けないこともあるので

ぬるめの温度設定にしています。

 

ぬるい温度だと以前はなかなか温まっている感はなかったのですが、

60分水素発生をするようになってから、汗も出るようになりました

 

私は「汗をかけること」も大切だと思います。

汗は皮膚表面に広がる時に皮脂腺から分必される皮脂も一緒に広がります。

だから汗をかく夏は肌が潤っているんですね(^^♪

夏の季節以外でもちゃんと汗をかける身体になることが、

乾燥肌からの卒業につながると思います!!

 

水素風呂をレンタルされている方!

今日から水素発生時間を60分に変更してみてください(^^♪

 

▼水素風呂レンタル
PC: http://renoa.net/user_data/suisoburo.php
スマホ:http://renoa.net/smp/user_data/suisoburo.php