入浴

乾燥対策②入浴後、湯気のこもった浴室でスキンケア

こんにちは、妙子です。

スタッフの中で一番乾燥肌の私。

8月後半のまだ暑い時期でも、夕方になるとちょっと涼しくなる・・・

そんな時期から肌の変化を感じます。

そんな私が行っている乾燥対策を4回にわたってお伝えしています(^^♪

 

第2回目は浴室でのスキンケア

 

皆さんはお風呂上がりのスキンケアはどこでしていますか?

脱衣所でしょうか?

それともお部屋でしょうか?

 

私は、秋から冬にかけては湯気のこもった浴室でスキンケアをします。

 

お風呂に入っているときはしっとりとしている肌も、

お風呂からあがってしばらくすると肌がつっぱってきます。

私のような乾燥肌は、つっぱってきてからのスキンケアでは

遅いのです!!

 

実はお風呂からあがった直後は肌の乾燥が最も進みやすいのです。。

湿度の高い浴室にいるときは肌の水分量も増えているので、

このタイミングを逃さないようにスキンケアをします(^^♪

 

ちなみにお風呂に入るとき、

浴室のドアの外にバスタオルとスキンケアのセットをスタンバイ。

間髪入れずにスキンケアができるようにしています。

 

お風呂から出た瞬間から、時間がたつほどに乾燥は進みます。

潤いが蒸発してしまわないうちのスキンケアが大切です。

 

 

ぜひ今日から「浴室でのスキンケア」試してみてください(^^♪

 

血流を良くする

 

体温が一度上がると、免疫力は30%上がる

血流を良くする全身の血流を良くして、体温を上げましょう。
体温の上昇は免疫力の強化となり、アトピー改善へと近づいていきます。

 

身体を温めましょう

血液が流れているところには、病気はありません。
反対に、血液が滞っているところ(=冷え)には、病気の回復はありません。
血流が良くなることを目指し、身体を温めましょう。
『体温が一度上がると、免疫力は30%上がる』と言われています。

私たちの三大排泄、尿・便・生理(男性は体毛)で出せなかった老廃物は、皮膚という排泄器官から排泄されます。
体温の高い方・代謝能力のある方は、汗やニキビで老廃物を出せますが、
体温の低い方・免疫力の低い方は、アトピーという形で吐き出すようです。

ご家庭では、毎日塩風呂に入り半身浴をしましょう。
塩は保湿効果を高め、血流を良くします。
アトピーのお肌には刺激になる時もありますが、しっとりして皮膚が丈夫になっていきます。
昔の人が、あせもができると海水浴に出かけて治していた原理にあやかります。

また、1日40分間連続して歩きましょう。
このくらい歩くと、じんわりと汗をかいてきて全身の血流が良くなってきます。
汗をかける身体になることも大切です。
 

「アトピー温熱ケア」で血行促進

全身に熱が入って芯から温まり、血行促進、免疫アップ。
れのあでは、体質改善のスピードUPを目指すメニューをご用意しております。

アトピー温熱ケアについて:
すぐに実感!アトピー温熱ケア

アトピー温熱ケア
 

体験者の方々の声 ~「アトピー温熱ケア」

このような喜びの声をいただいております。

 「赤みが無くなった」
 「腕の傷が無くなった」
 「顔のむくみが取れた」
 「しわが無くなった」
 「身体がすぐに温まるようになった!」
 
あなたもぜひご体験ください。
ご予約お待ちしております。

はじめての方は「初回コース」をご体験ください:
施術と店舗(初回コースについて)