からだの中からきれいになって
アトピー体験談:ゆっきんさん
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • アトピー体験談:ゆっきんさん

アトピー体験談:ゆっきんさん

【第1話】 子供のころ

  小さい頃は季節の変わり目に時々アトピーが出て、 膝裏と太ももが象さんの肌の様になることがありました。 痒いときだけ薬を塗っていましたが、 それも大きくなるにつれていつの間にか塗る機会は減っていきましたので、 アトピーは治ったんだと思っていました。 子供の頃から甘いものは大好きで食いしん坊でした。 でも、家にお菓子やジュースがストックされていたことは あまりなかったと思います。 母は料理上手だったので、ご飯は手作りのもので …

【第3話】 うまくいかない時期

  働き出して3年目の秋、当時付き合っていた彼と別れ、 仕事は環境が変わり、いろんな変化がありました。 職場の雰囲気はあまりよくなく、みんな常にピリピリしていました。 この頃私は常に緊張していて、自分の行動に自信が持てなくなっていました。 仕事もプライベートも上手くいかず、 ストレス発散に家に帰って夕飯を食べた後にアイスを食べることが 日課になっていました。 冷凍庫の中にはアイスのストックが常にありました。 激務で太らないこと …

【第2話】 大学時代と就職

  服飾の大学に入ってから、たくさんの課題とバイトの毎日で 徹夜をすることもよくありました。 高校時代までの異様な食欲はすっかりなくなって、 その間に高校時代に太った分はようやく清算でき、普通体型に戻っていました。 また、大学に行く傍らでネイルスクールにも通い ネイルの資格取得を目指していました。 その時にネイルスクールの先生のハンドモデルをしており、 大会に向けて小指が荒れないように この時は夜、薬を塗って綿の手袋をして寝て …

【第5話】 玄米菜食を始める

  その頃、母が乾癬になり、薬を使わずに玄米菜食で治そうとしていました。 それを見ていて、最初は仕事に支障が出るかもしれないから私にはムリと 思っていたけれど、ステロイドの薬を使い続けることに抵抗を感じていたので 段々と薬を使わずにちゃんと治したいと思うようになりました。 ここから玄米菜食が始まり、内側からなんとかしなくちゃ! という気持ちになりました。 玄米のご飯にもすぐに慣れました。 平行してその後も化粧品ジプシーを続けて …

【第4話】 アトピー

  ある日、出勤すると、先輩の顔に蕁麻疹のような湿疹が沢山出来ていました。 他のスタッフも胃腸炎にかかっていたり、みんな結構ボロボロになっていました。 先輩たちを心配していたところ、今度は自分にも目の周りに 赤くかゆみのある湿疹が出来始めました。 慌てて、仕事の休憩中に近くの皮膚科に行きました。 その時の診断は季節の変わり目で乾燥しているからというものでした。 そんなことで?と思いながらも、貰った薬を5日間ほど塗ると すぐに症 …

1 2 3 5 »
PAGETOP